廃兵院工房

おふらんすなど

蔵書

以下は趣味で蒐集しているフランス史関係の書籍。本当は分類分けしようとしたものの、億劫になってしまった。勿論全部読みこんだわけもなく、積んでいるものも多い。積んだ本は良い味を出すんですよ。

 

『連合軍反撃せよ』J・H・モルダック

『剣の刃』シャルル・ド・ゴール

『職業軍の建設を』シャルル・ド・ゴール

『人間から人間へ』レオン・ブルム

『ドゴール大戦回顧録(1,4)』シャルル・ド・ゴール

『回顧録-侍従長の昭和史-』三谷隆信

「In The Thick Of The Fight」Paul Reynaud

「Prison Journal 1940-1945」Edouard Daladier

「Carnets de Captivite」Paul Reynaud

「Souvenirs Personnels」Marie-Agnes Cailliau de Gaulle

 

『ナポレオン大いに語る』フリードリヒ・ジーブルク

『怪帝ナポレオン三世鹿島茂

『リヨテ元帥伝』アンドレ・モーロワ

『ドレフィス家の一世紀』平野新介

『ジャン・ジョレス 1859-正義と平和を求めたフランスの社会主義者-』ヴァンサン・デュクレール

『大いなる失墜-蘇る悲劇の人ペタン元帥-』ジェール・ロワ

『ペタンはフランスを救ったのである』ジャック・イゾルニ

パリは燃えているか?(上,下)』ラピエール,コリンズ

『ドゴール-偉大さへの意思-』世界史リブレット 096

『ドゴール』アレクサンダー・ワース

ド・ゴール』P・M・ド・ラ・ゴルス

『臣下の大戦』足立邦夫

『現代史を支配する病人たち』P・アコス

「Petain」Bruce

「Petain's Crime」Paul Webster

「Petain」Benedicte Vergez-Chaignon

「Petain」Charles Williams

「Phillipe Petain」Andre Figueras

「Jean Borotra,the bounding Basque」John George Smyth

 

『近代フランスの歴史』谷川稔,渡部和行

『フランス現代史』渡邊啓貴

フランス史10講』柴田三千雄

フランス史(上,下)』アンドレ・モーロワ

フランス史研究入門』佐藤彰一

アンシャン・レジーム』ウィリアム・ドイル

『八月の砲声(上,下)』バーバラ・W・タックマン

戦間期国際政治史』斎藤孝

戦間期の思想家たち-レヴィ=ストロースブルトンバタイユ-』桜井哲夫

『フランス戦間期経済史研究』原輝史

『欧州の国際関係-フランス外交の死角から-』大井孝

『フランス第三共和制の興亡(1,2)』W.シャイラー

『フランス人とスペイン内戦』渡辺和行

 

『パリ、戦時下の風景』大崎正二

『奇妙な敗北-一九四〇年の証言-』マルク・ブロック

『脱出-1940夏・パリ-』ハンナ・ダイアモンド

『私は弾劾する』アンドレ・シモーヌ

『フランス敗れたり』アンドレ・モーロワ

『フランス再建』井出浅亀

『フランス・その後』井上勇

『欧州の七不思議』ジェール・ロマン

『現代フランス論』町田梓棲

マジノ線物語-フランス興亡100年-』栗栖弘臣

『西方電撃戦-フランス侵攻1940-』ジャン・ポール・パリュ

電撃戦という幻(上,下)』カール=ハインツ・フリーザ

『WW2 フランス軍用機入門』飯山幸伸

『第二次大戦のフランス軍艦』世界の艦船1985 No.346

『第二次大戦のフランス軍戦闘機エース』バリー・ケトリー

 

『ナチ占領下のフランス-沈黙・抵抗・協力-』渡辺和行

『ナチ占領下のパリ』長谷川公昭

ナチス・ドイツとフランス右翼-パリの週刊紙「ジュ・スイ・パルトゥ」によるコラボラシオン-』南祐三

『記憶の中のファシズム-「火の十字団」とフランス現代史-』剣持久木

『奇妙な廃墟フランスにおける反近代主義の系譜とコラボトゥール-』福田和也

『ヴィシー政府と「国民革命」』川上勉

『ヴィシー時代のフランス-対独協力と国民革命-』ロバート・O・パクストン

『近代フランスの自由とナショナリズム』中谷猛

『フランス・イデオロギー』ベルナール=アンリ・レヴィ

『フランスにおけるファシズムの形成-ブーランジスムからフェソーまで-』深澤民司

『現代フランス政治過程の研究』岩木勲

『フランス・ナショナリズム史(1,2)』木下半治

『フランスファシズムの生成-人民戦線とドリオ運動-』D・ヴォルフ

 

『筆と刀-日本の中のもうひとつのフランス(1872-1960)-』クリスチャン・ポラック

『百合と巨筒』クリスチャン・ポラック

『繭と鋼』クリスチャン・ポラック

『陸軍創設史-フランス軍事顧問団の影-』藤原宏

 

『ジャーニュとヴァンヴォ-第一次大戦 西アフリカ植民地兵起用をめぐる二人のフランス人-』小川了

『アフリカを活用する-フランス植民地からみた第一次世界大戦-』平野千果子

 

『エトランジェのフランス史-国民・移民・外国人-』渡辺和行

『共和国か宗教か、それとも-十九世紀フランスの光と闇-』宇野重規

政教分離を問いなおす-EUとムスリムのはざまで-』ルネ・レモン

『自由に生きる-フランスを揺らがすムスリムの女たち-』ルーブナ・メリアンヌ

『シャルリとは誰か?-人種差別と没落する西欧-』エマニュエル・トッド

『移民の時代-フランス人口学者の視点-』フランソワ・エラン

『シャルリ・エブド事件を考える』鹿島茂,関口涼子,堀茂樹

『現代フランスの病理解剖』長部重康

フランス革命省察-「保守主義の父」かく語りき-』エドマンド・バーク

外人部隊日本兵-たった一人の挑戦-』宮下洋一