廃兵院工房

おふらんすなど

令和のAIR聖地巡礼記

夏の某日、和歌山県にあるJR御坊駅のホームに降り立つと、むんとした熱気が肌を直撃した。

f:id:yamamotonohito:20210906001209j:plain

「あづい」

冷気で満たされた車内に戻りたくなったが、列車は無常にも遠さがっていく。

ガタンゴトン。

改札を出て、駅前のレンタカー屋に向かった。名前を名乗ると、暇そうにしていた女性従業員が対応してくれた。

「どちらに」

じろりと服装を見られる。ダサいアロハを着込んでいるものだから妙に気恥ずかしい。

「ちょっと海の方に」

「そりゃよかです。ここは田舎ですけど、海はキレイですよ」

 

AIRというゲームがある。

keyというゲームメーカーが世に放ったノベルゲームだ。中身は正直、もうあまり覚えていない。ヒロインのかみお みすずという名前だけは辛うじて憶えていた。でも、ツイッターでは神尾美鈴と書きこんでいた(本当は観鈴)。今さら作品を貫徹する気力はない。作品の香りだけ何度も嗅ぎ直しながら、それでも何となくAIRが好きだった。

 

和歌山県内にあるAIRの主要な聖地ポイントは10数カ所。御坊市と、隣接する美浜町にまたがっている。最も遠いポイントは御坊駅から9キロ以上。まずはここから攻めることにした。

海岸線を走っていると、砂利浜が視界に入った。煙樹ヶ浜だ。日差しを浴びて水面が光っている。思わず車を止めて見入った。一説によると、煙樹ヶ浜は観鈴たちが走った砂浜のモデルらしい。でも、本当かどうかは分からない。公式が舞台を明示していないためだ。兵庫県香美町も作画の参考にされているようで、アニメ制作から16年経っても謎のまま。それでも、多くのファンたちが長年にわたり、この海を聖地と信じて足を運んでいる。

f:id:yamamotonohito:20210906001344j:plain

後でじっくり堪能することにして、煙樹ヶ浜を離れた。

国道24号線を10分ほど進むと、三尾漁港に行き着く。ここに3つほど聖地ポイントがある。

f:id:yamamotonohito:20210906001507j:plain

堤防に登ると、腕を水平に伸ばしてみたくなったが、我慢した。不審者になりかねない。

バス停近くのアメリカ村食堂すてぶすとんで昼食をとる。店内に「アニメ【AIR聖地巡礼情報」と書かれた写真帳があった。店の関係者の自作らしい。

f:id:yamamotonohito:20210906001648j:plain

女性店員に「ちょっと読ませてください」と頼むと快諾。「ここに引っ越してくるまでこの作品知らなかったけど、街のことがよく再現されていてね。ファンの人がよく来てくれるのよ」。笑顔でこう話した。

実は、この店の近くにある「白鳥商店」というスイーツ店で作品に登場するドリンクにちなんだ「どろり濃厚ピーチかき氷」を夏季限定で提供しているらしく、ぜひ食べたかったがこの日は休業していた。残念。

f:id:yamamotonohito:20210906001747j:plain

気を取り直して巡礼を続ける。

御坊市内に戻り、廃線跡を見た。この女性2人組とバイカーの男性と居合わせた。しきりに作品と同じ構図で写真を撮影している。お仲間らしい。16年前のアニメで、平日に遭遇するとは。ちょっと驚いた。

f:id:yamamotonohito:20210906001838j:plain

会話は交わさないが、互いに配慮しながら順番に写真を撮る。不思議な感覚だ。

徒歩でポイントを抑えていく。美凪の回想シーンで登場する路地は、民家の撤去によって景色が変わっていた。こういう聖地も今後は増えていくんだろう。

再び煙樹ヶ浜へ。浜のすぐそばには859年に遷座したという御崎神社がある。この神社の鳥居も、どうやらAIRでモチーフになったという噂が。なお作品内に登場する神社の本殿は東京都国立市谷保天満宮を参考にしているようだ。

お参りを済ませ、自販機で飲み物を買った。どろり濃厚…はないので、桃味のジュースを。煙樹ヶ浜の堤防に腰掛け、ジュースをちびちびやらながら、日が暮れるのを待った。夕陽をきらびやかに反射する水面はいくら見ても飽きなかった。

f:id:yamamotonohito:20210906002032j:plain

見惚れすぎた結果、予定していた電車を逃し、和歌山市内で一泊する羽目になった。が、がぉ…。それでも来て、良かった。

f:id:yamamotonohito:20210906002724j:plain

 

まだ知らない顔がある―「イッター城の戦い」関連の写真を発掘した

探せばあるものだな、と思った。

何の話かというとイッターの戦いだ。昨月ebayで2枚のとある写真を落札した。

それぞれの商品名は「マコーリフ将軍とガムラン将軍」、「ダラディエとマコーリフ将軍とウェイガン将軍」。味気のない表記だが、写真を見たとき思わず「ホンマかいな」と口に出してしまった(ホンマかいな)。明らかにイッター城の戦い直後に撮影された写真であり、かつ今まで公開されていない2枚だったからだ。つまり、イッター城の戦いを物語る写真としては、大仰な言い方をすれば「新発見」になる。

f:id:yamamotonohito:20201106010946j:plain

(左からマコーリフ、ガムラン)単なる偶然かもしれないが、マコーリフがガムランを見上げる構図になっており、年配者に配慮しているような雰囲気も感じられる。

f:id:yamamotonohito:20201106010951j:plain

(左からダラディエ、ウェイガン、マコーリフ)ダラディエがマコーリフのペットの子犬をあやし、それをウェイガンが頬を緩めながら見つめている。

まぁ写真が新たに発掘されたからといって何が変わるわけでもないのだが、個人的には大きなニュースなので、以下に軽く説明を書く。

アメリカ軍とドイツ軍の共闘によって武装親衛隊の攻撃から生き延びたフランス人たちは、戦闘終了後、速やかに安全な後方に送られた。その道中、米第103歩兵師団が司令部を置いていたオーストリアインスブルックに立ち寄り、同師団を率いていたマコーリフ将軍との会見がセッティングされた。上の2枚はその最中の写真だろう。撮影日は1945年5月6日か。

ちなみによく知られている会見の写真がこれ。左からレイノー、マコーリフ、ウェイガン夫人、ガムラン、ダラディエ、ウェイガン。上の2枚目に写っている子犬がマコーリフの足元にいる。撮影者は今回発掘した分を含めていずれも特派員のHorace Abrahams氏のようだ。このAbrahams氏はAFPかAPの記者だと予想するのだが、わかる人がいたら教えてください。 

f:id:yamamotonohito:20201106021616j:plain

まだ私の知らない彼らの表情を垣間見ることができたのは望外の喜びだった。ブログに書きなぐってもしょうがないし、またイッター本に手を加えて再販でもするか…。

 

 

※追記【C93】イッター城の戦い考察本出します

f:id:yamamotonohito:20171221020045j:plain

 

今年2017年の冬コミに参加します。

5年ほど追い続けてきた「イッターの戦い」に関する考察本を頒布予定です。

表紙絵は 安倍泰師 (@abe_yasushi9092) | Twitter 先生にお描き頂きました。

 

f:id:yamamotonohito:20171221015720p:plain

 

 

ページ数は50くらい、100部ほどオフセットで刷って持ち込みます(絶対在庫抱え込むやつだこれ)。価格は700円ほどになるかもしれない。全部売っても赤字なので許してつかぁさい…。

御興味がある方、3日目東V02bでお会いしましょう。

 

f:id:yamamotonohito:20171221015732p:plain

f:id:yamamotonohito:20171221015645p:plain

f:id:yamamotonohito:20171221015739p:plain

※ Riom TrialをLyon Trialと誤字してしまっている。死にたい。

とんかつ弁当とヴェルサイユ宮

 いくらフランスの文化や歴史に興味を持っているといえど、舌は正直だった。

 昨年夏、ボルドーからストラスブールまで横断した時のこと。唐突に日本食が恋しくなった。忘れられない醤油と味噌の味。

 気になり始めると収まらない性分(欲望に弱いともいう)。これはもう食べにゃあならないと店を探した。日本人街に行けば食えるのは当然だが、わざわざモンマルトルの宿から足を運ぶのはやや面倒くさい。検索していると、程なくして宿から徒歩3分の場所に日本人が経営している日本料理屋があることに気付いた。

 期待に胸を膨らませ向かったのは、18番街のサクレール寺院付近に位置するRestaurant Japonais「縁(enishi)」。記憶は曖昧だが、確かてんぷら定食を頂いた。ただただ美味い。店員のフレンドリーさも嬉しい。隣席でフランス人夫婦が枝豆をつまみながらビールを傾けていた光景が印象深く残っている(フランスでも枝豆はEdamame表記だった)。とりあえずビールに枝豆は万国共通か。

 「縁」では弁当も扱っている。ヴェルサイユ宮を訪れようと思い立った日、正午頃に店を訪れとんかつ弁当を作って頂いた。店員の女性からは「予めご連絡頂ければ、お待たせせずにお渡し出来ますよ」との優しいお言葉。RER(郊外高速鉄道)車内で、とんかつ弁当を食べる稀有な体験をした。まさか白飯を抱えてヴェルサイユに突撃する日が来るとは。またパリを訪れる機会があれば「縁」に行きたい。

 

f:id:yamamotonohito:20170901215110j:plain

 

 余談。その後、自分はオーストリアを経由してギリシアで知人と合流した。聞けば彼は味噌汁の素を自参している。早速ホテルで熱湯を用意して貰おうとしたものの、何故か願いは叶わず。やむなく我々二人はミネラルウォーターのボトルに粉末を注ぎ、振り、飲んだ。冷たい味噌汁の味は忘れられない。

2017年における戦史研究会リスト

■戦史研究会という大学サークルがある。その名の通り軍事や歴史を取り扱う団体だが、活動内容は各大毎に大きく異なる。ボードゲームを楽しむところもあれば、会員による研究発表を行うところもあり、またオリジナルの会報を頒布する団体もある。

■ふと思い立ち、自分が知る限りの戦史研究会をリストアップしてみた。 というのもこの4年間で多くの戦史研究会が新設された。惜しくも会員が集まらず産声を上げることなく流産した団体も含めれば、その数は20を超えている。今後、休会する団体や新規発足する団体もあるだろうが、その際比較や検証を行う上で一つの材料になれば良いと考え、本ページを記す

■以下、自分が把握している限りで、現在活動中の戦史研究会を創立年順に並べる。一人しか所属していない団体や長く活動が途絶えている団体は一覧から除いた。私のチェックミス不足で漏れている戦史研がある場合には、コメントなどでご指摘いただければ幸甚。団体名の横には、会報や機関紙の名前を付した。

 

東京大学戦史研究会(1982年発足。最古):『東京大学戦史研究会会報』

早稲田大学戦史研究会(1994年発足):『烽火』

法政大学戦史研究会(2007年発足):『法戦華』『Modern Military』

立命館大学戦史研究会(2010年発足):『醜の御盾』 

東北大学戦史研究会(2013年発足):『युधेतिहाससूत्रं』(サンスクリット語で「戦史の本」)

中央大学戦記研究会(2013年発足):『白門戦記』 ※名称としては戦史研ではなく戦記研

明治大学戦史研究会(2014年発足):『紫紺』『紫雲』

同志社大学戦史研究会(2014年発足):『Go,go,go in peace』

福岡大学戦史研究会(2014年発足):『東風吹かば』

専修大学戦史研究会(2015年発足):『鳳誌』

日本大学戦史研究会(2015年発足):『羅針盤

近畿大学戦史研究会(2016年発足)

広島大学戦史研究会(2016年発足):『戦鯉』『DE RE MILITARI』(ウェゲティウスの「軍事論」から引用?)

京都大学戦史研究会(2016年発足)

関西学院大学戦史研究会(2016年発足):『戦月紀』

東京農業大学戦史研究会(2016年発足):『東農戦報』

立教大学戦史研究会(2016年発足)

上智大学戦史研究会(2016年発足)

東海大学戦史研究会(2016年発足)

 

※2000年代初頭に京都大学戦史研究会と同志社大学戦史研究会の存在が魚拓で確認されているが、現在の団体との間に連続性はない。

一橋大学戦史研究会がかつて発足していたと思われる痕跡を見掛けたが、その後の変遷は不明。

※2016年に戦史検定という団体が勉強会の目的で「関西太平洋戦史研究会」を設立したが、本ページで取り扱う大学生・院生で構成される戦史研究会と関係はない。

 

・2017年8月21日追記

コミックマーケット92には関東以外の戦史研究会も多数参加していた。2017年9月には東西戦史研究会合同発表会が関ヶ原で開催される。

「イッター城の戦い」映画化について

                          f:id:yamamotonohito:20170419231234j:plain

 第二次大戦においてアメリカ軍とドイツ軍が共闘した奇妙な戦闘、イッター城の戦いを題材とした「The Last Battle」の映画化が進行しつつある。昨年初頭に原作の著者がフェイスブックで映画化を報告し、海外映画情報サイトで少し触れられたきり全く音沙汰がないのでどうなったものかと心配していたが、ようやく着手され始めたらしい。今年1月に入って続報が報じられている。

 当初は2017年米国公開の予定だったが、2018年に先延ばしになった。制作会社はStudioCanal。微妙な方の潜水艦映画「U-571」を作った会社らしく、やや不安に襲われる。監督はPeter Landesman。昨年公開された「コンカッション」の監督であり、過去には金獅子賞を受賞している。まだ配役さえ発表されていないので、本当に完成まで辿り着けるのかどうか不明だが、日本公開も待ち望みたいところ。

 ところで一つ気になるのが舞台設定をどうするのかである。イッター城自体は現存しているが、現在は個人所有であるし所有者家族が自宅として利用しているため、とても撮影には利用できないと思われる。となると他の適当な城で代用するつもりなんだろうか。ともあれ、ガムランレイノーがドイツ製短機関銃を振りまわす描写をスクリーンで観られる日を期待期待。

 個人的な話で恐縮だが、昨年夏にイッター村を訪れ、イッター城の城主氏と話す機会があった。城主氏経由で貴重な写真も手に入れることが出来た。その辺の話をまとめて、どこかで頒布したいなぁなどと思っている。

 

f:id:yamamotonohito:20170419235333j:plain

 ※昨年末に落札したイッター城を象ったメダル。1960年代頃、城がホテルとして運営されていた時代に結婚式が行われていたらしく、その際配布されたものではないかと推測。こういう記念品はオーストリアでは割とある文化なんだろうか。偶然だが私が初めてイッター村を訪れた日も、ちょうど城近くの教会で結婚式が行われていた。村民総出で祝うので、非常に活気に満ちた光景だった。